Archive for the ‘子育て支援’ Category

開業医との連携

●当法人では、地元の小児医療機関(開業医)と連携して心理相談を行なっています。

●発達相談や子育ての悩みなど、医師と連携をとりながら時間をかけて傾聴させて頂きます。

●当相談室のスタッフは、臨床心理士、ガイダンスカウンセラー、保健師です。

●臨床心理士をめざす大学院生がサポートに入ります。

●相談費用は無料です。問合せ先 048-756-4657(相談室直)

IMG_0002OFKKパンフ2012 1118縮小有 040

 

 

お子さんの発達相談

どこで誰に相談して良いかがわからない。子育ての悩みや不安を抱えている母親や家族に対して心理相談を行ないます。

(要予約)初期相談費用(無料)

心理カウンセラーは、傾聴に心がけ問題解決の糸口を見つけるお手伝いをします。私たちは初期相談を最も重視しています。

臨床心理士、ガイダンスカウンセラー、保健師など有資格者が担当します。また、臨床心理士をめざす大学院生がサポートします。

悩みや問題を解決するのは、最後はご自身でありご家族です。私たちはそのお手伝いをします。また、メールによる相談も可能です。

連絡先;TEL/FAX048-756-4657(親子ふれあい直通)

 OFKKパンフ2012 1117縮小有り 035IMG_0006 (3)

当相談室では「保護者」の話を丁寧に聴くことに徹します。そして、問題点を共に整理し、課題を発見するまでのお手伝いをします。

気軽にご相談ください。メールによる相談も可能です。

子育ての悩み!!

 育児に悩む母親は、いつの時代にもいます。深刻さは時代が変わっても同じです。違うとすれば以前は、周囲に相談できる人や「肝っ玉かあさん」のような頼れる存在がいたと言うことでしょうか。

 何よりも昔は情報が少なかった。その分、社会常識が通用しました。10人に尋ねれば、10人が同様の答えを出す。現在は10人に尋ねれば10通りの答えが返ってくる。常識の範囲という言葉も「死語」になりつつあります。

 illust794illust2665                              しかし、現在、60代の戦後のベビーブーム(1945年~51年)世代も子育てには悩みました。「スポック博士の育児書」を片手に子育てをしたからです。現在と本質は変わっていません。

 確かに子育てだけを取り上げれば、以前よりも子育てが難しい時代です。それ以上に子どもたちが、生きることに苦しんでいます。常識が通用しない社会は、やはり住みにくい世の中だと思います。

 また、答えが10人いれば10通りであれば本当の答えを見つけるのは不可能に近いと思います。ここは、少しでも「子育てが楽になる方法」を見つけることが肝心なようにも思います。

 

一人で悩まないでください。

● 一人で悩まないでください。ちょっと気になるお子さんについて、遠慮無くご相談ください。

●当相談室のカウンセラーが親身に傾聴します。また、当相談室では、小児科医と連携して心理相談をしています。相談には「臨床心理士」「ガイダンスカウンセラー」「保健師」が対応します。

OFKK展示20130305縮小有り 027HU199_L

家族の悩み・家庭の悩み

HJ147_LIMG_0185

「家族」と「家庭」は何処(どこ)が、どのように違うのでしょうか。

家族とは、夫婦関係を基礎として,親子・きょうだいなど近親者を主要な構成員とする最小の集団のことです。.

 家庭とは、生活を共にする夫婦・親子などの家族で構成される集まり、および家族が生活する場所を指します。

 違いを熟語にしてみると判りやすい。扶養家族とは言っても扶養家庭とは言わない。同様に家庭福祉を家族福祉とは言いません。

家庭福祉を「児童家庭福祉」と言うと、更に明確になります。

すなわち、家庭の悩みとは、児童を取り巻く家庭環境の悪化と、その対応の困難さであり、家族だけでは解決できない。様々な人達の支援が必要と言うことです。                        

当相談室には、新たに「虐め・虐待」の専門家が加わりました。従来は、就学前のお子さんと保護者を対象にしてきましたが、もう少し幅広くご相談に応じます。

連絡先;NPO親子ふれあい教育研究所(直)tel/fax   048-756-4657

 

 

 

 

 

 

幼稚園・保育園への相談支援

IMG_0027IMG_0006 (3)

1.当相談室は、臨床心理士を中心としたカウンセラーの集まりです。

2.当相談室は、地元の小児医療機関とも連携しています。

  幼稚園や保育所への心理相談等にも応じます。

3.貴幼稚園や保育園で企画される職員研修にご協力いたします。

連絡先:〒339-0067     さいたま市岩槻区西町1-6-8      

親子ふれあい教育研究所         TEL/FAX(代)048-756-4657

ご案内

IMG_0014DSCF0022OFKKパンフ2012 1118縮小有 040

●幼児の子育ての悩みや不安を抱えている方、御一報ください。

●相談室の役割は初期対応(相談)、費用は『無料』です。

●お子さん同伴の場合は、プレルームでご相談しますので安心です。                                                    

    心理相談は、第4土曜日の10時-15時 (要予約)                                             TEL/FAX  048-756-4657                                 

        E-mail(oyako.soudan@ae.auone-net.jp )

    電話相談は、月曜日/金曜日(10時ー12時)                                                          TEL  048-756-4657

●相談室のカウンセラーは、傾聴に心がけ問題解決のお手伝いをします。

悩みや問題を解決するのは、最後はご自身でありご家族です。

相談室では、地元の小児医療機関と連携、協力しています。

 

小児医療機関へのご協力

●子育て支援相談室では、昨年10月より地元の小児医療機関と連携、心理相談にご協力しています。

●相談日は、毎月の第4土曜日、10時-12時、13時-15時です。

 ●当相談室では、臨床心理士・ガイダンスカウンセラー等が中心となり相談にあたります。また、臨床心理士を目指す大学院生がサポートします。

 m&b

ご案内

IMG_0003DSC_0008

1.私たちは臨床心理士や学校心理士を中心とした集団です。さいたま市や岩槻区に隣接した周辺地域の保育所への心理相談等に応じます。ご一報ください。

2.当相談室は、地元の小児医療機関と連携、ご協力することになりました。

3.当法人には、医療、心理、教育、福祉分野で活躍するスタッフ及び協力者がおります。保育士を対象としたセミナーを企画、開催致します。

4.貴保育所で企画される職員研修ついてもご相談ください。ご協力いたします。当相談室のスタッフの実績は、ホームページの「講師派遣欄」に掲載されています。

連絡先:339-0067         さいたま市岩槻区西町1-6-8

TEL/FAX  048-756-4657

 

 

幼稚園へのサポート

1.私たちは臨床心理士や学校心理士などカウンセラーを中心とした集団です。さいたま市岩槻区に隣接した周辺地域の幼稚園へのご相談等に応じます。ご一報ください。

2.当法人には、医療、教育、福祉分野で活躍するスタッフ及び協力者が多数おります。講演、講座をお考えの場合はご一報ください。ご協力致します。

Powered by WordPress | Designed by: Premium WordPress Themes | Thanks to Themes Gallery, Bromoney and Wordpress Themes