開業医支援心理士(仮称)講習会(ご案内)

CIMG0247CIMG0537 開業医支援心理士(仮称)講習会(イメージ)

当相談室では、2013年より地域の小児医療機関(開業医)と連携しての「心理相談」をモデル事業として始めています。

●開業医は、一般診療以外にも予防接種、アレルギー疾患、発達障害児などへの対応があり、以前に増して、母親の問診や子どもの観察が重要になっている。しかし、物理的に十分な相談時間が取れないのが現状です。

●「開業医支援心理士(仮称)」は、開業医に協力して、丁寧に時間をかけて保護者の話を傾聴します。同様に子どもを観察します。そして、逐語録として医師に報告します。また、医師の指示で、継続による心理相談や心理面からの助言指導を行います。助言指導等は、予め「スーパーバイザー」として医師から承認された者が、これに応ります。

●当講習会は、将来、開業医と連携して地域医療に携わる心理カウンセラーの育成を目的に実施します。

●講習の対象者は、大学、大学院で臨床心理士、学校心理士、臨床発達心理士取得を目指す学生、既に有資格者で本事業に関心のある者、また、当相談室が認めた者とします。

講習会は、医師と当相談室が協力して行ないます。  

第1回講習会は「9月下旬」を予定しています。

現在、「開業医支援心理士」の名称登録中です。

●上記の心理士資格取得をめざす大学院生や既に有資格者で、開業医に協力して心理相談に応る希望者に対して講習を行ないます。

●詳しくは、相談室(048-756-4657)にご連絡ください。また、ホームページ「お問い合わせ・投稿欄」をご利用ください。

●有償ボランティアとして、当事業に協力してくださる大学院生(若干名)には無料で研修を行ないます。

 

 

Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.
Powered by WordPress | Designed by: Premium WordPress Themes | Thanks to Themes Gallery, Bromoney and Wordpress Themes